賭け麻雀は違法なの?違法にならないパターンとは

dora

どーも、だよしです。

賭け麻雀で世間を騒がせた黒川・前検事長に対して不起訴(検察官によって裁判を求める必要がないと判断)になったのは皆さんご存知だと思いますが、結局「賭け麻雀は違法なの?不起訴ということはセーフなの?」という疑問は残ったままですよね。

本日は「賭け麻雀(賭博麻雀)は違法なのか?」「賭け麻雀が違法にならないパターンはないのか?」を紹介&僕の見解を説明いたします。

前提として賭け麻雀は違法である

最初に言ってしまいますが、日本の法律においては賭け麻雀は違法です。

いやいや、やっぱ違法なんかーいって思ったそこのあなた!ちょっとだけ待ってください!ちゃんと違法にならないパターンも説明するので、もうちょっとだけ見ていってくださいw

まずは、なぜ違法なのかを説明いたします。

賭け麻雀に限らず、賭け事をすること自体が日本の法律では禁止されております。具体的に言いますと、刑法第185条で賭博が禁止されており、わずかな額でもお金を賭けて麻雀をした段階でそれは刑法違反にあたります。

刑法185条(単純賭博罪)

第185 賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。

https://ja.wikibooks.org/wiki/刑法第185条

この法律は、国民一般の健全な勤労道徳を守ることが目的だとされていますが、競馬や競輪などは公営ギャンブルとして問題ないことから、個人的にはこのような理由は(妥当じゃないだろ…)と思います。

「一時の娯楽に供する物」とは価格の少なさとか、消費の即時性や娯楽性などから判断されるみたいです。例えば、ジュースとかタバコなどを賭けたりする場合は大丈夫ってことです。金銭の場合は、1円であっても娯楽と認めるべきではなく、賭博になるといわれています。

つまり「負けたらおごり!」とかなら違法にはなりませんが、金銭を賭けた賭け麻雀はどんなに低レートであっても原則違法になります。なので、フリー雀荘などで金額を賭けて麻雀をするのも本当はアウトです。

しかし、実際のところ賭け麻雀で逮捕されるケースはほとんどありません。その理由は次で詳しく解説していきます!

掛け麻雀が違法にならないパターン

ノーレートの麻雀は、もちろん違法になることはありませんが、賭け麻雀(賭博麻雀)なのに違法にならないパターンもあります。なぜ掛け金が発生しても違法にならないのか。その理由を詳しく解説していきます!

オンラインサイトでの賭け麻雀は違法にならない!

有名なところで言いますと「DORA麻雀」や「麻雀広場」など、オンラインで賭け麻雀をプレイできるサイトがいくつかありますが、これは違法にはなりません。

なぜかと言いますと、こういったサービスは、海外にサーバがあるため、日本で賭け事をしている判定にならないからです。

実際、DORA麻雀も運営を開始して10年以上経っていますが、いままで運営が停止されたこともありませんし、遊んでる人も捕まった事例はないです。また、カジノライセンスという国際ライセンスに則っているため、安心安全が保証されています。

捕まる危険もなく、賭け麻雀をプレイしたい方はぜひどうぞ。
公式サイトはこちら

参加費が無料であれば、麻雀大会の賞金は違法にならない!

賞金の出るような麻雀大会って、よく開催されていますが、参加者の参加費が賞金に充当されていなければ違法にはなりません。特に、参加費が無料であれば違法になることはまずありません。(スポンサーが賞金を出すようなパターン)

また、参加費を徴収してもOKの場合もありまして、前提として「参加費合計<賞金総額」であることと、「風営法をクリアする」ことになります。

ここで風営法について簡単に説明いたします。

風営法23条2項では、「雀荘やゲーセン等に関し、遊技の結果の応じて賞品は提供してはならない」とされています。つまり、大会自体を風営法の適用業者以外の団体もしくは個人が主催すれば違法にはならないのです。

もし、雀荘側で「麻雀大会を開催します!」みたいなのがあったら、ご注意ください。

レートの低いフリー麻雀は罪になりにくい!

最初に説明したとおり、フリー雀荘ってお金を賭けて麻雀をしているから、違法ではあるのですが、実際に逮捕されるまでにはいたらないことが多いです。

どういった場合がアウトなのかは、細かく話をすると長くなってしまうので、簡単に言ってしまいますが、「レートが点リャンピン以上、1時間で3万円程度の掛け金が動くレベル」の麻雀はアウトだと言われています。実際にそのレートで営業を行っていて摘発されている例も存在します。

ですので、よくあるテンゴやテンピン程度では、警察は「違法と知っていても逮捕まではしない」とされています。

とりあえず、高レートのお店やマンション麻雀などには行かないようにしましょう。

知り合い同士の貸し卓(セット)での賭け麻雀は罪になるけど、ほぼ問題なし!

違法にならないパターンにこれをいれるか少し悩みましたが、ほぼ問題ないので載せちゃいました。

言っちゃえば、貸し卓でお金を賭けずにやってる人って、ほとんどいませんよね。警察が取り締まってたらキリがないです。

というか、「警察が賭け麻雀をやってた」というニュースが流れるくらいですもん。警察もやっちゃってるのに、何が違法だって言うんですかね。

現行犯でなければいいので、見つからなければ問題ないです。家でやる分にはまったく問題なし。見つからなければいいので、雀荘でやる場合は、もし警察が来ても「ノーレートです」って言えばいいだけ。

早く合法化してくれないかなって感じです。

まとめ

まとめますと、日本の法律上で違法にならないのは「ノーレート麻雀」「オンライン麻雀」「条件を満たした麻雀大会」の3つくらいです。「低レートのフリー麻雀」と「お金を賭けた貸し卓(セット)」はグレーゾーン、「高レートのフリー麻雀」は違法って感じです。

黒川・前検事長に対して不起訴になったのは、やはり「お金を賭けた貸し卓(セット)」を警察が取り締まってたらキリがないし、色々問題が出てくるからです。

グレーゾーン=ほぼセーフ と考えて問題ないでしょう。

ありがとうございました。


【自粛中のみなさまへ】

dora

雀荘に行けない今こそオンライン賭け麻雀!このサイト経由で登録すると、紹介コード「DORA」を入力で最大2万円プレゼントできます(自動で入金)安心して遊べて登録費も無料なので、どうぞご利用ください!
DORA麻雀公式サイトはこちら


この記事をシェアする