【三麻】悩む?何切る問題

dora

今回は三麻の何切る問題を2パターンご用意しました。ルールは関西三麻(全赤花牌あり)で14枚あるところから1枚切り番です。実際にフリー雀荘で打っていて悩んだものを厳選しました。

関西三麻の詳しいルールはこちらをご参照ください。
関西三麻の基本的なルール

1問目.東場南家 ドラ北

二筒三筒三筒赤五筒赤五筒六筒二索三索三索四索六索七索八索九索


こういう三向聴(サンシャンテン)の形は麻雀をしているとよくある形だと思います。

三麻は基本的には打ち合いの場となるのでこういったときに自分が上がれないと大体他の人があがってしまいます。アガリ形を見越して三向聴は捌いていくことが重要です。

切る牌の候補としては、以下の6つが考えられますので、それぞれの受入枚数を調べてみます。

40枚③④⑤⑦123456789
26枚①④⑤⑦123456789
40枚①③④⑤123456789
43枚①②③④⑥⑦1456789
36枚①②③④⑥⑦12345
36枚①②③④⑥⑦12345

受入枚数としては打3が受入枚数43枚として最多です。

ただ、完全一向聴に向かうためにはこの牌姿ですと索子で3面子作りたくなります。(筒子で3面子作るためには③⑤が重なる必要があり、でなくてはカン④が残ってしまいます…)

一番嬉しいのは【①②③⑤⑤23456789】や【③③③⑤⑤⑤2345678】などの3面待ちになることですよね。さらにドラ北のこの状況では打点的にも⑤をヘッドにしたい。

そこで打⑥とします。

【②③③⑤⑤23346789】として索子を全て受け入れられる態勢にして筒子で二面子、更に⑤ヘッドという欲張りな二向聴(リャンシャンテン)に構えれます。

したがってこの場合は⑥切りとなります。

A.六筒

2問目.東場西家 ドラ四索

二筒三筒三筒四筒赤五筒六筒六筒七筒四索四索赤五索七索八索九索

こちらは二向聴の形から一枚切るところです。

イメージとしては筒子、索子それぞれで聴牌時に多面待ちとなるようにしておきたいところです。

切る牌としては③⑥が第一候補、次いで45が候補として挙がってくるような感じかなと思いますので、それぞれの受入枚数を調べてみます。

32枚①④⑦⑤⑧⑥3645
32枚①④②⑤⑧③3645
25枚③⑥①④⑤⑧36
26枚①④⑦②⑤⑧③⑥4

受入枚数が多いのはやはり③⑥となります。

5を切ると受入枚数で劣るのと筒子依存が高まり、場況に合わせられなくなるのでここは③⑥どちらかを切ることになりそうです。ここから③⑥どちらを切るかですが、「⑥切り②⑤⑧受入れ」と「③切り①④⑦受入れ」のどちらが場況として良いかを選ぶようなイメージとなります。

ですが基本的には⑥切りが良いかと思います。(リーチ宣言牌として③切りの方が比較的安全なため)

したがってこの場合は⑥切りとなります。

A.六筒

まとめ

いかがでしたでしょうか。三麻において相手よりどれだけ早く聴牌形にたどり着くかは非常に重要です。複雑な何切るを思考することは麻雀が強くなる近道ですので是非お試しください!

ありがとうございました。


【自粛中のみなさまへ】

dora

雀荘に行けない今こそオンライン賭け麻雀!このサイト経由で登録すると、紹介コード「DORA」を入力で最大2万円プレゼントできます(自動で入金)安心して遊べて登録費も無料なので、どうぞご利用ください!
DORA麻雀公式サイトはこちら


この記事をシェアする