符計算のやり方と練習問題

dora

符計算のやり方について解説します。

符の計算方法

基本符+メンツの符+アタマの符+待ちの形+アガリ方

上記の5つの要素で符が決まります。

まずは、以下の①〜⑤の表をしっかり覚えましょう。

①基本符

20符

②メンツの符

メンツの種類
シュンツ0符二筒三筒四筒
2〜8のポン (ロン)2符五索五索五索
2〜8のアンコー4符七萬七萬七萬
1・9、字牌のポン(ロン)4符發發發
1・9、字牌のアンコー8符九筒九筒九筒
2〜8の明カン8符六索六索六索六索
2〜8の暗カン16符ura四萬四萬ura
1・9、字牌の明カン16符西西西西
1・9、字牌の暗カン32符ura一索一索ura

③アタマの符

メンツの種類
数牌0符三筒三筒
三元牌2符中中
場風や自風牌2符(例:東場or東家)
東東
他の風牌(オタ風)0符西西

④待ちの形

待ちの種類
リャンメン0符三萬四萬
シャンポン0符八索八索
タンキ2符南
カンチャン2符七筒九筒
ペンチャン2符一萬二萬

⑤アガリ方

アガり方
鳴きのロン0符
門前ロン10符
ツモ2符

基本的には上表の①〜⑤を順に足していき、最後に1の位を切り上げれば完了です。ただし、10符単位の切り上げになります。

例)32符→40符、40符→40符、52符→60符

また、アガリ方によっては一部例外があります。

例外

例外パターン
ピンフツモ一律20符
チートイツ(ロンもツモも)一律25符

上記パターンの場合、①〜⑤の足し算関係なく、一律20符と25符と決まっておりますので覚えておきましょう。

練習問題

では、実際に牌姿から符計算と点数を解いてみましょう!

点数表はこちらをご参照ください。

麻雀の点数表

問1.東場西家(ドラなし、發のみ)

一萬二萬三萬四萬五萬六萬二筒二筒九索九索 發發發

ロン九索

A.1000点(30符1飜)

①20符 ②8符(0+0+4+4) ③0符 ④0符 ⑤0符
計28符なので答えは30符になります。役は發のみなので30符1飜で1000点になります。

問2.東場西家(ドラなし、リーチのみ)

二萬二萬二萬三萬五萬二筒三筒四筒九索九索九索中中

ロン四萬

A.1600点(50符1飜)

①20符 ②12符(4+0+0+8) ③2符 ④2符 ⑤10符
計46符なので答えは50符になります。役はリーチのみなので50符1飜で1600点になります。

問3.東場南家(ドラなし、リーチ&ツモ)

一萬一萬一萬二筒二筒五筒六筒七筒八筒九筒五索六索七索

ツモ七筒

A.700/1300点(40符2飜)

①20符 ②8符(8+0+0+0) ③0符 ④2符 ⑤2符
計32符なので答えは40符になります。役はリーチツモなので40符2飜で 700/1300 になります。実はこれはひっかけ問題でリャンメン待ちだけど、7筒の場合はペンチャン待ち扱いできる、麻雀における「高点法」という原則になります。簡単にいうと「自分にとって一番点数が高くなる計算方法」を採用できます。今回のケースだと567筒を1メンツと見ると89筒のペンチャン待ちとして見れますね。

問4.東場南家(リーチ&ピンフ&ツモ)

三萬四萬五萬二筒三筒四筒五筒五筒七筒八筒九筒六索七索

ドラ四萬 ツモ八索

A.1300/2600点(20符4飜)

ピンフツモは一律20符と決まっています。役はリーチピンフツモドラ1なので20符4飜で 1300/2600 になります。

問5.東場南家(ドラなし、中のみ)

一萬一萬一萬四萬六萬九筒九筒九筒東東 中中中中

ロン五萬

A.2000点(60符1飜)

①20符 ②32符(8+0+8+16) ③2符 ④2符 ⑤0符
計56符なので答えは60符になります。役は中のみなので60符1飜で2000点になります。50符以上の計算は、符を半分にして飜数を1つ足したものと覚えておくと良いですよ。今回の場合、60符1飜→30符2飜→2000点と計算できます。

問題は以上になります。

符計算は慣れだと思いますので、どんどん実践で鍛えていく(実際に麻雀を打って符計算すること)が大事です。

ありがとうございました。


【自粛中のみなさまへ】

dora

雀荘に行けない今こそオンライン賭け麻雀!このサイト経由で登録すると、紹介コード「DORA」を入力で最大2万円プレゼントできます(自動で入金)安心して遊べて登録費も無料なので、どうぞご利用ください!
DORA麻雀公式サイトはこちら


この記事をシェアする