必ず勝てるギャンブルとは?4つご紹介します

ギャンブルとはお金を賭けてやるものだが、基本的には胴元が勝つ仕組みになっています。しかし、実力があれば勝てるギャンブルは存在しています。それで生活をしている人も世の中にいるのが事実です。今回は実力があれば必ず勝てるギャンブルを4つご紹介します。

麻雀

麻雀は運要素が高いと思われがちだが、長い目でみると実力差がはっきりとでてきます。お金を賭けてやるとなると、基本的にゲーム代を支払わなければいけません。しかし、このゲーム代に勝てる実力があれば年間収支とかでみるとプラスで終われることができます。実際に僕も雀荘で働いていたのですが、ゲーム代以上に勝てる人が何人かいました(働いていた雀荘のメンバーの実力が非常に高かったです)。ゲーム代以上に勝つとなると大事なのは、レートとゲーム代の安さになってきます。レートはピン(1.0)以上でないと勝つのは中々厳しいとされています。しかし、サービス(ポイント還元など)の良い雀荘とかであれば、0.5のフリーでも勝つことは可能です。また、お客さんのレベルも低ければ低いほど期待値があがります。フリー雀荘で勝つとなると、メンバーとの対戦はできるだけ避けた方が良いです。お客さんの多い雀荘が狙い目になってきますね。

また、フリー雀荘より期待値が高いとされているのがネット麻雀です。ネット麻雀はフリー雀荘では禁止されている高レートでの麻雀が可能で、しかもゲーム代も非常に安いです。僕も副業がてら稼がせてもらっているのが、「DORA麻雀」というサイトです。最近、スマホでのプレイも可能になったので、ネットが繋がる環境であれば片手間に麻雀をプレイできるようになりました。また、イベントにも力をいれており、還元率が非常に高いのでおすすめです。

↓登録はこちらからできます↓

そして一番期待値が高い方法は、弱い友達などと高レートで貸卓を行うことです。僕も大学生の頃は、バイトなんかせずにこの方法でお金を稼いで遊んでいました。ここで大事なのは、しっかりお金を持っていて長く打ってくれる友人であることです。あまりにも勝ち過ぎてしまうと、二度と麻雀を打ってくれなくなってしまったことが過去にありました。また、借金が膨らみすぎてトンズラされたこともあります。こういうことにならないように、適度に負けてあげることも重要かもしれません。

スロット

こちらもスロットの知識が非常に大事になってきます。設定の良い台をずっと回しておけば、年間どころか、月間の単位でプラスに動いていきます。基本的にはハイエナという立ち回り方を行います。ハイエナとは、パチンコやパチスロで期待値が低い部分は他人に打ってもらい、自分は大当たりの可能性の高いおいしいところだけを打つ立ち回りのことであります。これを行うために、色んなスロット台の天井やゾーンを把握しておかなければいけません。スロットの機種はたくさんありますので、全てを把握するとまではいきませんが、ある程度の知識があることが必要です。

また、そのほかにもお店のイベント日や、台の設定把握などの知識も必要になってきます。朝一からスロットを打つとなると、高設定が入りやすい日や機種などを狙い、高設定が確認できたら閉店までぶん回したりします。もちろん、やめ時も肝心ですよ。麻雀と同じですが、最初は勉強することからはじめましょう。

ただ、パチスロの還元率は80~85%となっており、還元率という面で見ればオンラインカジノのスロットの方が良いとされています。オンラインカジノの還元率は93~98%といわれており、比較的勝ちやすい傾向にはあります。高配当の一攫千金を狙うのであれば、こちらの「ベラジョンカジノ」のスロットをおすすめします。

↓登録はこちらからできます↓

「ベラジョンカジノ」には色んな種類のスロットがあり、高スペックなものばかりです。初回入金ボーナスもありますので、是非一度登録して遊んでみてください。

競馬

競馬は生計を立てている人がいるくらい、勝ちやすいギャンブルであります。勝つためには血統や傾向やオッズなど、色んな要素を見なければいけません。競馬で飯を食べている人に話を聞きますと、なんでもかんでも勝負するのではなく、自信があってオッズも良いレースに大きく賭けているようです。僕も競馬をよく勉強した結果、2018年の収支は無事プラスで終わることができました。基本的には僕も自信のあるレースだけブログにしてますので、よければご覧ください。

2018年の競馬収支

どういった要素を見ているのかなど、それぞれのページにありますので勉強にはなると思います。予想する人によって、どこを重視しているかはばらばらなのですが、一般的に重要とされているのは血統だといわれています。あとは馬券の買い方も大事ですね。オッズは常に変動するもので、締め切りを終了してから確定した最終オッズが適用されるのが日本の競馬であり、前日に買った時3倍だった配当が最終1.5倍程度になるというのはよくある話です。しかし、ブックメーカーを利用すればBETした時点(買った時点)でのオッズが適用されます。最終オッズというものに左右されることなく、あなたがBETした時点(買った時点)でのオッズでそのまま配当がされますので、こちらの「ウィリアムヒル・スポーツ」で馬券を購入することをおすすめします。

↓登録はこちらからできます↓

競馬の還元率は70~80%といわれていますが、公営ギャンブルということもあり、素人が多く参戦していることから、年間の回収率が100%を超えている人はたくさんいます。穴馬で勝負できる人が、基本的にプラスになっている傾向もあります。なんでもかんでもかたく買っていたら、負けるのは当たり前ですよ。

ポーカー

日本にもポーカーの賞金で生活している人は実際に存在しています。ポーカープレイヤーと言われており、世界中に点在するランドカジノやポーカーの大会などに参加し、お金を稼ぎ、それメインで生活している人のことをいいます。心理を読んだり、相手の手を予想する能力が高くないともちろん勝つことはできません。心理を読まれないためにポーカーフェイスが重要なのですが、それを手に入れるために整形をしてしまう人がいるほどです。実際にポーカーのプロプレイヤーになるためには、オンラインカジノ等で日々の練習が必要になってくるでしょう。練習するのであれば、さきほどもご紹介した「ベラジョンカジノ」をおすすめします。

↓登録はこちらからできます↓

トップクラスのポーカープロが稼ぐ金額がどれくらいかといいますと、世界大会では賞金28億円というものもあったようです。ただ、参加費が1億円となっており、相当な自信と資金がないとだめですね。練習を積み重ねて、資金も集まってくるほどの実力がついたなら、一度ポーカープロを目指して、大金持ちを夢見るのもおもしろいですね。



この記事をシェアする