【三人麻雀】北の扱い方について解説します。

どーも!色んなフリー雀荘に行くのですが、お店によって北牌の扱い方が変わるせいでいつも困っている だよし です。本日はルールと北牌の扱い方をまとめてみましたので、解説していきたいと思います。

一般的なルール

①「北」を抜きドラ

二筒:麻雀王国三筒:麻雀王国五筒赤:麻雀王国五筒赤:麻雀王国六筒:麻雀王国一索:麻雀王国二索:麻雀王国七索:麻雀王国八索:麻雀王国九索:麻雀王国東:麻雀王国東:麻雀王国白:麻雀王国發:麻雀王国  北:麻雀王国北:麻雀王国北:麻雀王国

「北」を公開することで、嶺上牌から公開した枚数分ツモってくるルールです。
また、「北」を公開するタイミングは自由です。
※ただし自分が鳴いた(ポンやカン)直後に抜くことはできません。

「北」は公開した枚数だけドラとなります。
例えば、2枚公開したらドラドラとなります。
※ドラになるだけで、役にはなりませんので、「北」のみであがることはできません。

嶺上牌にはカン用4枚+北用4枚の合計8枚を残しておきます。

「北」は、河に切ることができず、自分が指定の役満を狙っていてもポンすることはできません。
例えば、自分の手が下のような場合、四喜和を狙って「北」をポンしたいところですが、相手が「北」を抜いてもポンはできません。

二索:麻雀王国三索:麻雀王国四索:麻雀王国五索赤:麻雀王国東:麻雀王国東:麻雀王国東:麻雀王国南:麻雀王国西:麻雀王国西:麻雀王国西:麻雀王国北:麻雀王国北:麻雀王国

このルールの特徴は、「北」を公開するタイミングが自由なため、役満を狙う時にはあえて抜かなかったりすることです。
雀荘によりますが、基本的には国士・字一色・四喜和のみ手牌使用可能となっています。
例えば、下のように「東」と「北」待ちの小四喜テンパイだとします。

三筒:麻雀王国四筒:麻雀王国五筒赤:麻雀王国南:麻雀王国南:麻雀王国南:麻雀王国西:麻雀王国西:麻雀王国西:麻雀王国東:麻雀王国東:麻雀王国北:麻雀王国北:麻雀王国

「東」が河に切られたらもちろんロンあがりできますが、「北」が抜かれたときもあがることができます。
では、相手が役満の気配の時に「北」を持ってきたらどうしたらいいでしょうか?

答えは、「北」をかかえたまま自分の手を殺すしかありません。
国士・字一色・四喜和ともに、狙っている人がいましたら河にかなり特徴がでてきます。
(赤牌などの中張牌がずらっと1順目に並びます)
テンパイ気配の時は、「北」をかかえてしっかりおりましょう。

また、リーチ後に「北」を抜いても「一発」は付与されます。
例えばリーチした後、一発で「北」を持ってきて、嶺上牌からまた「北」を持ってきて、さらに嶺上牌からまた「北」を持ってきてアガリ牌をツモると、「一発」と「ドラ3」がついてきます(笑)

②「北」は全員共通の役牌(華牌を使用)

三筒:麻雀王国四筒:麻雀王国五筒赤:麻雀王国二索:麻雀王国三索:麻雀王国四索:麻雀王国五索赤:麻雀王国五索赤:麻雀王国七索:麻雀王国八索:麻雀王国  北:麻雀王国北横:麻雀王国北:麻雀王国  裏:麻雀王国裏:麻雀王国

「北」はドラ扱いにはならず、「白」「発」「中」と同じように役牌として扱います。
「北」を河に切ることができ、ポンももちろんできます。
ポン、カンともに1役となります。

基本的にこのルールの場合は華牌と呼ばれるものを4枚加えて、それをドラ扱いにします。
華牌は空気牌として扱い、配牌やツモで華牌が来たら、不要牌を捨てる前に華牌を鳴きの時と同様に公開します。
そして、公開した華牌の数だけ嶺上牌からツモをします。
アガった時に、1枚1翻として計算します(ドラと同じ扱いです)。

また、リーチ後に華牌を抜いても「一発」は付与されます。

華牌を使用する場合、5牌は全赤にしていることが多く、基本的に打点が高くなっています。
例えば、下のように華牌を4枚抜いてる手ですが、ドラが10個ありますのでヤミでも三倍満が確定しています。

三筒:麻雀王国四筒:麻雀王国五筒赤:麻雀王国五筒赤:麻雀王国五筒赤:麻雀王国二索:麻雀王国三索:麻雀王国五索赤:麻雀王国五索赤:麻雀王国五索赤:麻雀王国北:麻雀王国北:麻雀王国北:麻雀王国  裏:麻雀王国裏:麻雀王国裏:麻雀王国裏:麻雀王国

このルールの良いところは、北を手配で使うことができるので、役満の手を作るときなどがわかりやすくなります。
というのも、例えば国士無双で「北」待ちの時に、相手が「北」を抜いた時にあがってもいいのか不安になったりしません。
なんせ「北」を抜くルールではないからです。

華牌使用の雀荘では、このルールが一般的なので、初めてフリーに行ってもやりやすいですね。
ちなみに華牌は雀荘によってオリジナルに作成されていることが多いです。

特殊なルール

❶「北」は全員共通の役牌(華牌を使用しない)

三筒:麻雀王国四筒:麻雀王国五筒赤:麻雀王国二索:麻雀王国三索:麻雀王国四索:麻雀王国五索赤:麻雀王国五索赤:麻雀王国七索:麻雀王国八索:麻雀王国  北:麻雀王国北横:麻雀王国北:麻雀王国

プレイ人口の多い「セガNET麻雀 MJ」ではこのルールが採用されています。
「北」は全員の役牌として扱い、華牌を採用しません。

抜きドラが存在しないため、比較的手が安くなります。

また、相手の手の高さがわかりにくくなるため、押し引きが少しだけ難しくなります。

❷「北」を抜きドラ(北を河に切れる)

二筒:麻雀王国三筒:麻雀王国五筒赤:麻雀王国五筒赤:麻雀王国六筒:麻雀王国一索:麻雀王国二索:麻雀王国七索:麻雀王国八索:麻雀王国九索:麻雀王国東:麻雀王国東:麻雀王国白:麻雀王国發:麻雀王国  北:麻雀王国北:麻雀王国

①の「北」を河に切れるバージョンです。
リーチ者に対して、降りる牌がない時などにこの技を使います。
ただ、基本的にはベタオリしていない限りは打点アップのために抜いた方が良いです。

「北」が河に切れるので、流し役満の達成率が高くなります。

❸「北」を抜きドラ(北は役満のみ使用可能)

一筒:麻雀王国一筒:麻雀王国北:麻雀王国北:麻雀王国  白:麻雀王国白横:麻雀王国白:麻雀王国 發:麻雀王国發横:麻雀王国發:麻雀王国 中:麻雀王国中横:麻雀王国中:麻雀王国

基本的には国士・字一色・四喜和のみ「北」を手牌で使用していいのですが、役満であればなんでも「北」を使用していいルールがあります。
例えば、配牌で下のような手がきたとします。

二筒:麻雀王国二筒:麻雀王国五筒赤:麻雀王国五筒赤:麻雀王国一索:麻雀王国一索:麻雀王国六索:麻雀王国六索:麻雀王国八索:麻雀王国八索:麻雀王国南:麻雀王国南:麻雀王国北:麻雀王国

七対子の「北」単騎待ちですが、人和を役満扱いしているルールであれば、1順目に誰かが「北」を抜いた瞬間にアガルことができます。

❹「北」を抜きドラ(北4枚でカン扱い)

二筒:麻雀王国三筒:麻雀王国五筒赤:麻雀王国五筒赤:麻雀王国六筒:麻雀王国一索:麻雀王国二索:麻雀王国七索:麻雀王国八索:麻雀王国九索:麻雀王国東:麻雀王国東:麻雀王国白:麻雀王国發:麻雀王国  裏:麻雀王国北:麻雀王国北:麻雀王国裏:麻雀王国

①のルールに追加で、「北」を4つ抜いた場合にアンカン扱いにするルールです。
その際、ドラはもちろん追加でめくります。

❺「北」を抜きドラとしても扱える

一筒:麻雀王国二筒:麻雀王国三筒:麻雀王国四筒:麻雀王国五筒赤:麻雀王国六筒:麻雀王国一索:麻雀王国二索:麻雀王国三索:麻雀王国六索:麻雀王国七索:麻雀王国北:麻雀王国北:麻雀王国  北:麻雀王国

「天鳳」ではこのルールを採用しています。
「北」を抜かない場合は普通の字牌(オタ風)として扱われます。
「北」を手のうちで使うことができ、河に切ることもできて、「北」が自由自在のイメージです。

「北」を抜いた人に対してロンあがりもできます。
七対子で「北」待ちにするなどの技がありますので、抜く際には要注意です。

また「天鳳」では「北」を抜いてアガると「嶺上開花」も付与されるというルールになっておりますが、これはあまり一般的ではありません。

最後に

フリー雀荘はもちろん、友人などと三麻をする時は「北」の扱い方について、しっかりルールを決めてから行いましょう。「北」を抜いた人からロンあがりしても、そういうルールでないと後から言われてチョンボになっても寒いですしね。ちなみに僕は昔、❸をくらったことがあり、喧嘩になりかけました(笑)