菊花賞2017 俺の本命はダンビュライト

2017/10/22(日)京都11R

第78回 菊花賞(G1)

サラ系3歳オープン(国際)牡・牝(指)馬齢

芝右3000m(Aコース)18頭 15:40発走

 

とうとうやってきたぜ、菊花賞。

なかなか印をつけるのが難しかったし、荒れる可能性は大いにありえる。

しかも、馬場の状態「不良」間違いなし。最近雨しか降ってないぞ、マジで。

今回の軸はタイトルにも書いたがダンビュライトだ。

騎手は武豊、京都競馬場を庭としているし問題はない。

3000mは走ったことないが、他の馬も誰も走ったことがない。

ここが予想をするのが難しかったポイント。

ディープ産駆には長すぎる気がするし、ステイゴールド産駆なら距離は適正だが、今回あまり強い馬もいない。

トリコロールブルーもワンチャンありそうな気もしたが、さすがに軸にする勇気はなかった。

今回なぜダンビュライトにしたかというと、兄貴はあの長距離の鬼ラブラドライトなのだ。

同じ血をひくなら、3000m走れるっしょ。

不良馬場も問題なく走れそうだし、人気もしなさそうだし。これはありだな。

次に相手をどうするか悩んだが、考えれば考えるほどわからなくなった。

ということで思考停止の馬連全通りでいくぜ。

軸馬

15

相手

1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,16,17,18

馬連17通り、各100円 計1700円

当たる気はあまりしない。

というか、調教微妙で距離も不安といわれているらしい。

しらね。とりあえず頑張ってくれ。

あと、トリコロールブルーがきたら泣きます。